生徒さんログイン

Posts tagged "putt"

ゴルフと英語

ゴルフは私の趣味の一つです。ゴルフはイギリス生まれであり、ゴルフならではの様々な英語に触れることができます。

 

英語の学習にも役立つ、いくつかのゴルフ英語を見ていきましょう。

 

ゴルフは普通2~4人のグループで、通常18の「ホール」を周ります。ゴルフコース (golf course) はゴルフ場そのものを示します。

 

ゴルフ練習場は golf driving range と言います。drive という言葉は車だけでなく「ものを駆動させる、推進する」という意味なので、ゴルフの場合、ボールを遠くへ「飛ばす」ことを意味します。 

 

ゴルフのボールを飛ばす「主役の棒」としてのドライバー (driver) は運転手と同じスペリングですね。

 

range (発音:レインジ)は「範囲」という意味ですが、射撃場やゴルフ練習場など「球の到達範囲」の練習場を示すのです。

 

18ホールを周る1試合(1周)をラウンド (round) と言います。play a round of golf 「ゴルフを1ラウンドする」という表現を使います。

 

ボールを穴(hole)に入れるので、1打目を打つ出発点(teeing ground) からグリーン (green、putting area) までを 1ホール (hole)というわけです。

 

グリーンと呼ばれるエリア(実際に緑色の濃い芝生エリアです)で、ホール(円筒形の穴)にボールを入れるので、その穴をカップ cup とも言います。

 

カップにボールを入れようと打つ動作は パットと言います。スペリングは putt なのですね。put も putt も ing形は同じ putting となりますが、発音は プティング と パティング のように異なります。紛らわしいですね。

 

打つ時にボールをのせる台として、芝生に突き刺すピンを tee と言います。ゴルフのスタート時間も teeing time と言います。tee という言葉はケルト語の「家」を表わす tigh が語源だと言われます。

 

面白いと思うのは、4人のうち、だれが最初に打つのかは、一つ前のホールの成績順で決まるので、最初に打つ人を オナー (honor) と言います。 honor は「名誉」の意味なので納得ですね。

 

このオナーは h から始まる単語ですが、次に o が来て h を発音しません。 hour (1時間)、honest (正直な)などと同じですね。「相続人」を示す heir (発音:エヤ)も語頭の h を発音しません。

 

各ホールに決められた既定の打数でホールを終えると パー(par)と言います。規定打数より1打少なくホールを終えると バーディー (birdie) と言います。birdie は幼児語で「小鳥さん」。

 

規定打数より 2打少なくホールアウトすることを イーグル (eagle)「鷲」と表現します。まず経験することはないでしょうが、規定打数より3打少なくホールアウトすることを、アルバトロス(albatross) 「アホウドリ」と言います、鳥ばかりですね。

 

逆に規定打数より1打多くホールアウトすることを ボギー。19世紀のイギリスの歌の歌詞 "I’m the Bogey Man."から、漠然と「いいスコア」という意味で使われるようになったと言います。

 

規定打数より2打多くホールアウトすると double bogey 、3打多いと triple bogey になります。

 

par は「同等・基準」という意味なので、ゴルフでは規定打数を示しますが、even も形容詞は「平らの」という意味から「同等の」を示します。

 

1ラウンドの規定打数合計は72であることが多く、72に対してどれくらいの打数で周るかで、even par (規定打数合計と同じ)、three under par (規定打数合計より3つ少ない)、five over par(規定打数合計より5つ多い)などと、成績を示します。

 

日本では、各ホールを長さや規定多数によって、ショートホール、ミドルホール、ロングホールと呼んでいますが、これらは和製英語で、英語では Par 3 hole、 Par 4 hole、 Par 5 hole と呼びます。

 

向かい風を アゲインストの風、追い風を フォローの風と呼ぶのも日本式で、英語では、向かい風は headwind、追い風は tailwind 呼びます。head はご存じ「頭」ですが、 tail は「しっぽ」から「追尾する」という意味があるのです。

 

まだまだ面白い英語がゴルフ用語にはありますが、また機会があればご紹介しましょう。最近は、日本のプロ選手、特に女性達の活躍・レベルアップが著しく、世界での飛躍を応援することも楽しくなってきましたね。

 

スポーツにはそれぞれ独特な用語がありますが、あなたが英語圏のスポーツにいそしむ時には、その用語を探ってみると面白い発見があるかもしれません。そしてそんな探求は、英語の学習にも役立つと思いますよ。

 

校長SatoGの無料レッスンを受けてみよう

校長ブログ by SatoG

ブログ タグ

複合観念の分解 sprout apple look gaze at 観覧車 spur ブレイキン 松山英樹選手 七分咲き 使役 snob employee view somebody anything 過去分詞 cherry blossom viewing reach for the stars url interesting the planet work 急行電車 carousel 英単語 be surprised at reasonable make a decision snail 現在分詞 imagine birdie ブログ開始 escape from reality spray take it easy! feel sick eye-catching ジェットコースター applicant 副詞小片 fortune-teller ev get over take-out petal bogey debate テーマパーク 新顔 第2文型 分詞構文 バイオ燃料 white christmas テレワーク sometimes somewhere considerable sprinkle keep an eye on golf driving range facial expression account manager be bored with keep company with commuter sleigh look at spike client arrival and departure 余計なお世話だ 現実逃避 the x-project 接尾辞 意見が合う 動名詞 決心する somewhat 普通電車 talk javascript make an effort anywhere green flight sportとsports get along with absent-minded bean curd 同族目的語 smooth lifeとlive see make ready for packed train make a promise in full bloom hypertext get along well with anybody エクストリームスポーツ 原形不定詞 ロボット scan see eye to eye be told to do 国家試験 land portuguese explode take responsibility take over public transportation 4大品詞 feel 英単語学習 listen to merry-go-round be excited about 視力矯正 ssl desirable take part in 爆発する honor someone snobbish travel and trip exciting voyage and journey guess-the-event 使役表現 quarantine make a bed take after browser spine the beatles on good terms with john lennon ディベート grandma granny マスターズ telework 通勤電車 wi-fi extreme sports 英検2級 ruler 他動詞 who-am-i? sneaker red roses 視覚的表現 英単語記憶 boeing 777 英単語水族館 valentine’s day new face 不定詞の名詞用法 表情 パット glance at vaccination accountability homework spit portable 付帯状況 works honorable take place let it be 国連 capable visual correction 公共輸送機関 earphone get along take off css 何が気になるの? sound ワクチン接種 起動動詞 ferris wheel remarkable carpenters local train accountingとaccount 語彙増強 explosion 使役動詞 visa and visa 自動詞 santa claus break up with take it carbon neutral