生徒さんログイン

banner

city life

英単語記憶学習ソフト Engfish-World など オリジナル教材の販売ショップ

当校開発のユニークな教材を販売するショップがオープンしました。

英単語記憶学習ソフト Engfish-World のダウンロード販売も行なっています。

校長が本を出版しました。

banner square

Posts tagged "make money"

基本動詞の代表格 make はモノだけでなく事も作り出す

 

動詞の make は「作る」という意味が基本ですが、実際の英語ではさらに幅広い意味で使われますし、たくさんの熟語があります。とても大事な動詞なので、それらの意味の広がりに慣れるようにしましょう。

 

make は後ろに何を作るかを示す目的語を置く第3文型が基本です。My father made a boat for himself. 「お父さんは独力でボートを作りました。」make は「作る」をベースにしながら、発展的な使い方がたくさんあります。make と名詞の慣用的な組み合わせをまず確認しましょう。

 

make money 「稼ぐ、儲ける」

お金を「作り出す」わけですから、自然ですね。She made money in the stock market. 「彼女は株式市場で儲けました。」

 

make a mistake 「ミスをする、間違いを犯す」

モノだけでなく事も「作り出す」ことがわかりますね。Anybody can make mistakes. 「誰でも過ちはあります。」

 

make は「作り出す」から「実行する、達成する」という意味に展開します。

 

make a speech 「演説をする」

Will you give us a speech on current economic issues next month?「来月、経済問題に関するスピーチを私たちにしていただけませんか?」

make a promise 「約束する」

Tom made a promise that he would never disappoint her. 「トムは二度と彼女を失望させないと約束しました。」

 

 

make an effort 「努力する」 make progress 「進歩する」

It is important to make every effort in order to make progress.「進歩するためにはあらゆる努力を惜しまないことが重要です。」

make a decision 「決定する」

It is time for us to make a decision on our new project.「私たちの新しいプロジェクトについてもう判断を下すべき時です。」

 

 

さて、make には何かを実行するために、「準備をする、環境を整える」という表現にもよく使われます。

make a bed 「ベッドを整える」

Don’t forget to make a bed before going out. 「外出前に、ベッドを整えるのを忘れないでください。」

 

この意味では、get と同じように形容詞を後ろに置く自動詞としてSVC形の文を作る時もあります。Birds must make ready for a long, cold winter. 「鳥たちは、長くて寒い冬の準備をしなくてはなりません。」

 

make は相手や物に対して働きかけ、目標の状態を「作り出す」という意味でもよく使われます。この場合、文型は SVOC の第5文型になります。

 

The news made many people happy.「そのニュースは多く人々を幸せにしました。」The invention made him more and more famous.「その発明は彼をもっともっと有名にしました。」

 

このSVOC の第5文型になる、もう一つ大切な make の使い方があります。それは、「~に---させる」という意味になる「使役」と言われる用法です。make him study なら「彼に勉強させる」 make us think well なら「私たちによく考えさせる」といった具合です。

 

Our teacher made us write a report every week.「私たちの先生は私たちに毎週レポートを書かせました。」

 

この 動詞+目的語+動詞の形の使役(相手に動作を促す形式)は、ask him to come 「彼に来るように頼む」、force them to appear at the police station 「彼らを警察署に出頭させる」など、後ろの動詞は to をつける「不定詞」になるのが普通ですが、make、have、let の場合、to をつけない「原形不定詞」にする決まりがあり、試験にも良く出題されます。

 

この(原形)不定詞部分は、とらえ方が難しいのですが、不定詞の名詞用法で、文型の中では目的格補語の役割をすると考えられ、SVOCの第5文型と考えるのが一般的です。

 

 

文型と言えば、make は「誰々に何かを作ってあげる」という意味で使う時、第4文型になります。Jane made her daughter a lunch-box today. 「今日ジェーンは娘にお弁当を作ってあげました。」という具合です。

 

さらに、あまり目にしないかもしれませんが、make には make as 「~の真似をする」、「~のふりをする」make as if という使い方もあります。そういえば化粧は makeup ですよね。

 

He sometimes makes as a cat and mews.「彼は時々ネコの真似をしてニャオと泣きます。」He made as if he was the captain. 「彼はまるで自分がキャプテンのようなふりをしました。」

 

これらはSVの第1文型です。ということは、何とmake は1から5の全部の文型を作ることがあるというわけですね。普通は動詞によって文型が決まります。幾つかの文型を作ることもありますが、5つすべての文型を作る動詞は、さすがにまずありませんね。

 

make はやさしい単語のようですが、奥が深いですね。大切な表現が多いので、親しんでおきましょう。

校長ブログ by SatoG

ブログ タグ

the planet customs watch take part in take a train imaginable ワクチン接種 使役動詞 splash firework 電子と電気 new face snob spur vegetable listen to break up with disable make a promise sprinter theme park 開発目標 dreams come true travel and trip feel 指定の表現 white christmas any make ready for spike wordpress 動名詞 html breakin' 他動詞 escape from reality 顔認識 make a mistake blossom boeing 777 付帯状況 say 思いつく engfish-world 受動態と能動態 仮定法 take after engineer 注視する bogey be unable to speak acrophobia 国連 client テーマパーク inform 地球語 seem carpenters 原形不定詞 quarantine ディベート notify 不定詞の名詞用法 パット get injured look like cms remarkable 分詞構文 take place 起動動詞 see eye to eye telework look 過去分詞 make up one’s mind be interested in what’s on your mind? hear 量の表現 javascript take a picture 回転木馬 be able to interesting red roses carousel i don’t mind. packaged tour 接尾辞 現在分詞 noticeable works valentine’s day go to work reliable ruler 預金口座と取引口座 visual correction 第2文型 snobbish make a bed some sometimes 英検2級 視覚的表現 lifeとlive mariah carey biofuel see エクストリームスポーツ 気にしていない 通勤電車 somewhat sustainable spit sound cpa www 意見が合う birdie 新顔 in full bloom eye-catching hypertext make an effort ボギー see と meet arrival and departure apple sdgs sportとsports 現実逃避 favorable 観覧車 reindeer tiring 健全な身体に健全な精神が宿る work taste santa claus explode anyone feel sick snoopy get over destination the masters make as if accountingとaccount itinerary joomla! 爆発 colored leaves be bored with observe バイオ燃料 cherry blossom viewing petal spear 白内障 historian 自動詞 gaze at get into honor 花見 boring voyage and journey sparkle 満開 take off 七分咲き keep an eye on glance at homework local train journalist 普通電車 reach for the stars make progress テレワーク valuable 地球温暖化 earphone considerable roller coaster spine on good terms with 副詞 オナー facial expression fortune-teller big word marry と married absent-minded mind your own business. take responsibility
速読講座