生徒さんログイン

city life

英単語記憶学習ソフト Engfish-World など オリジナル教材の販売ショップ

当校開発のユニークな教材を販売するショップがオープンしました。

英単語記憶学習ソフト Engfish-World のダウンロード販売も行なっています。

Posts tagged "ブログ開始"

ゴルフと英語

ゴルフは私の趣味の一つです。ゴルフはイギリス生まれであり、ゴルフならではの様々な英語に触れることができます。

 

英語の学習にも役立つ、いくつかのゴルフ英語を見ていきましょう。

 

ゴルフは普通2~4人のグループで、通常18の「ホール」を周ります。ゴルフコース (golf course) はゴルフ場そのものを示します。

 

ゴルフ練習場は golf driving range と言います。drive という言葉は車だけでなく「ものを駆動させる、推進する」という意味なので、ゴルフの場合、ボールを遠くへ「飛ばす」ことを意味します。 

 

ゴルフのボールを飛ばす「主役の棒」としてのドライバー (driver) は運転手と同じスペリングですね。

 

range (発音:レインジ)は「範囲」という意味ですが、射撃場やゴルフ練習場など「球の到達範囲」の練習場を示すのです。

 

18ホールを周る1試合(1周)をラウンド (round) と言います。play a round of golf 「ゴルフを1ラウンドする」という表現を使います。

 

ボールを穴(hole)に入れるので、1打目を打つ出発点(teeing ground) からグリーン (green、putting area) までを 1ホール (hole)というわけです。

 

グリーンと呼ばれるエリア(実際に緑色の濃い芝生エリアです)で、ホール(円筒形の穴)にボールを入れるので、その穴をカップ cup とも言います。

 

カップにボールを入れようと打つ動作は パットと言います。スペリングは putt なのですね。put も putt も ing形は同じ putting となりますが、発音は プティング と パティング のように異なります。紛らわしいですね。

 

打つ時にボールをのせる台として、芝生に突き刺すピンを tee と言います。ゴルフのスタート時間も teeing time と言います。tee という言葉はケルト語の「家」を表わす tigh が語源だと言われます。

 

面白いと思うのは、4人のうち、だれが最初に打つのかは、一つ前のホールの成績順で決まるので、最初に打つ人を オナー (honor) と言います。 honor は「名誉」の意味なので納得ですね。

 

このオナーは h から始まる単語ですが、次に o が来て h を発音しません。 hour (1時間)、honest (正直な)などと同じですね。「相続人」を示す heir (発音:エヤ)も語頭の h を発音しません。

 

各ホールに決められた既定の打数でホールを終えると パー(par)と言います。規定打数より1打少なくホールを終えると バーディー (birdie) と言います。birdie は幼児語で「小鳥さん」。

 

規定打数より 2打少なくホールアウトすることを イーグル (eagle)「鷲」と表現します。まず経験することはないでしょうが、規定打数より3打少なくホールアウトすることを、アルバトロス(albatross) 「アホウドリ」と言います、鳥ばかりですね。

 

逆に規定打数より1打多くホールアウトすることを ボギー。19世紀のイギリスの歌の歌詞 "I’m the Bogey Man."から、漠然と「いいスコア」という意味で使われるようになったと言います。

 

規定打数より2打多くホールアウトすると double bogey 、3打多いと triple bogey になります。

 

par は「同等・基準」という意味なので、ゴルフでは規定打数を示しますが、even も形容詞は「平らの」という意味から「同等の」を示します。

 

1ラウンドの規定打数合計は72であることが多く、72に対してどれくらいの打数で周るかで、even par (規定打数合計と同じ)、three under par (規定打数合計より3つ少ない)、five over par(規定打数合計より5つ多い)などと、成績を示します。

 

日本では、各ホールを長さや規定多数によって、ショートホール、ミドルホール、ロングホールと呼んでいますが、これらは和製英語で、英語では Par 3 hole、 Par 4 hole、 Par 5 hole と呼びます。

 

向かい風を アゲインストの風、追い風を フォローの風と呼ぶのも日本式で、英語では、向かい風は headwind、追い風は tailwind 呼びます。head はご存じ「頭」ですが、 tail は「しっぽ」から「追尾する」という意味があるのです。

 

まだまだ面白い英語がゴルフ用語にはありますが、また機会があればご紹介しましょう。最近は、日本のプロ選手、特に女性達の活躍・レベルアップが著しく、世界での飛躍を応援することも楽しくなってきましたね。

 

スポーツにはそれぞれ独特な用語がありますが、あなたが英語圏のスポーツにいそしむ時には、その用語を探ってみると面白い発見があるかもしれません。そしてそんな探求は、英語の学習にも役立つと思いますよ。

離陸の数分後にエンジンが・・・

英会話のレッスンで、アメリカはコロラド州のデンバーで起こった航空機のトラブルを取り上げました。

 

A plane took off from an airport in Denver, Colorado, US and a few minutes later, one of the engines exploded.

 

空港を離陸して数分後、777のエンジンの一つが爆発、その出火は乗客たちも目にして、彼らを恐怖に陥れました。

 

という緊迫した事故でしたが、最近の旅客機はエンジンは2基しかないものが多いですね。1台が使えなくなるということは、残り1基だけ。なんか怖いですが・・・。

 

以前はエンジン4基のボーイング747や、3基のダグラスDC-10 などがありましたが、最近は見かけなくなりました。

 

これはコストを低下させる目的と、燃費の向上で双発でも長距離飛行が可能になったことが大きいですが、騒音上も少ないエンジン数が求められたとのことです。

 

爆発する explode 爆発 explosion は、同様の接頭辞 ex (外への広がりを示します)で始まる、

延長する  extend   延長 extension

拡大する expand   拡大 expansion  と並べて、覚えておきたい単語ですね。

 

さて、離陸する take off は前回のブログでも取り上げた「副詞小片 off」 が使われています。

 

take は「わざわざする行動」を示し、off は「さっと離れる」ことを意味していて、take off は地上から上に「さっと離れ」ようとする行動を示していますね。

 

take off は他動詞(目的語をとる動詞)になると「服などを脱ぐ」という意味ですね。これも、身につけているものを「さっと離れる」ようにする「わざわざ行為」です。

 

着陸するはland、着陸は landing です。今回の事故で機長は、緊急着陸をする (make an emergency landing) 決心をしたのです。

 

とにかく無事でよかった。乗客たちは生きた心地がしなかったでしょうね。 

 

このように動詞があっても(この場合 land) 、make a --- 「と~する」いう言い回しは便利です。

 

make a firm promise 「かたい約束をする」、make an effective speech 「感銘を与える演説をする」、 make a necessary arrangement 「必要な手配をする」などですね。

 

ボーイングの7X7シリーズは最初の707就航からすでに62年。世界を飛ぶ代表的な旅客機シリーズです。

 

世界に連れて行ってくれる飛行機はいつにあっても、我々にロマンを感じさせてくれる乗り物ですが、安全の追求、安全の維持だけは徹底してもらいたいものですね。

前置詞と「小さな副詞」の違いに注意!

今日は英文法のお話です。

 

英語の学習で、よく目にする in と on ですが、これらの品詞(単語の役割グループ)は何かわかりますか?

 

「そんなの知ってるよ、前置詞だよ」とおっしゃるかもしれませんが、実は前置詞だけでなく「副詞」にもなるのです。

 

前置詞、副詞とはどんなものだったか、おさらいしておきましょう。

 

「XX詞」というものは多くありますが、重要な品詞は4つだけです。動詞、名詞、形容詞、副詞です。

 

動詞と名詞がどんなものかは、皆さんわかると思いますが、形容詞は「名詞を説明(修飾)する言葉」、副詞は「主に動詞を修飾する言葉」だと覚えておいていいでしょう。

 

正確に言うと、副詞は形容詞や他の副詞、それに文全体を修飾することもあります。

 

前置詞とは「名詞の前に置く言葉」で、後ろの名詞と組み合わせて「形容詞」か「副詞」を作るだけの働きをします。

 

なので、私は重要な4品詞に入れませんが、前置詞が形容詞を作っているのか、副詞を作っているのかは、常に判断が重要です。

 

例えば、おなじみの表現、 in the park にしても、play tennis in the park なら 「play tennis」を修飾しているので副詞ですが、 a tree in the park なら、「公園にある木」なので、名詞 a tree を修飾している「形容詞」なのです。

 

さて、ようやく in と on の話になりますが、in the park の in は (~の中で、~の中の という意味の前置詞)。 on the box は (~の上で、~の上の)という意味の前置詞ですね。次の場合はどうでしょう。

 

come in  そして come on 。come in。 これは (中に入る)という意味で、 in は動詞 come を修飾する副詞、 come on は(その[状態の]まま来る)という意味で、on は come を修飾する副詞です。

 

take in (取り込む)、 put in (つぎ込む、導入する)なども同じパターン。 go on (進み続ける)、keep on (~をし続ける)も同様ですね。

 

このように、前置詞にも副詞にもなる単語は他にも、off、up、down、along、over、through、across など結構あります。

 

それぞれの前置詞と副詞の意味の違いについては、ご自分で調べてみてください。

 

この、前置詞と間違いやすい副詞は、他の副詞より短いスペリングが多いので、「副詞小片」とも呼ばれています。

 

基本的な会話にも頻出するので、大事なのですが、日本の学校では、なぜかまともに指導されていません。

 

でも、このような基本語の意味と語感を身につけることは、英語マスターの基礎の一つです、ぜひ見直しておきましょう。

校長ブログ by SatoG

速読講座