生徒さんログイン

city life

英単語記憶学習ソフト Engfish-World など オリジナル教材の販売ショップ

当校開発のユニークな教材を販売するショップがオープンしました。

英単語記憶学習ソフト Engfish-World のダウンロード販売も行なっています。

Posts tagged "ブログ開始"

続々登場する驚きのスポーツ

英会話のレッスンで The X-Project を取り上げました。

 

これはウインドサーフィン、スピードライディング(パラグライダーを着けて滑るようなスキー)、スノーボーディング、そしてスノーカイティングなどのトップアスリートたちが、長年にわたって望んできたイベントで、それぞれの垣根を超えてスポーツを複合させ(combine different sports)、美しいスイスの山の頂上から滑り降りていこうという新しいチャレンジです。

 

それぞれの分野で世界トップレベルのアスリートたちですが、一つの分野では飽き足らず、スポーツを混合させ、しかもヘリコプターで頂上に到達して、あとは垂直に見える急斜面を降りていくだけという、恐ろしい挑戦です。

 

After they got to the top of a mountain in a helicopter, their sole task was to get down.

 

このプロジェクトでは、スイスの雪山の美しさと amazing なスポーツの映像をふんだんに使った映画を作ることも大きな目標になっていて、映画製作者たちも参加しています。youtubeでも紹介されています。

 

このような極限を追求するスポーツをextreme sports と呼んでいますが、スポーツの形も変わってきましたね。

 

そもそもスポーツという言葉はどのような意味を持つのでしょう。

 

sport の語源はラテン語の deportare(デポルターレ)にさかのぼると言われています。これは「ある物を別の場所に運び去る」あるいは「荷を担わない」という意味です。

 

「港」から「運ぶこと」を意味するportがsport にも入っていることがわかりますね。これが古フランス語の desporter(気晴らしをする、楽しむ)となり、英語の「sport」になったと考えられています。

 

要は「仕事から離れて気晴らしをする」という言葉なのですね。日本ではスポーツと言いますが、英語では単数 sport で使われることが多く、スポーツ一般など複数を示す時 sports となります。

 

ただ、英語でも sports shoes などと、sports を形容詞として使ったり、運動会のような大会を sports というなど、他の単語に比べると複数の形がよく使われます。

 

サッカーや野球などゲームスポーツを「する」は play が使われ  play soccer、 play baseball と使いますが、ゲームスポーツとは言えないフェンシングや柔道を「する」はdo を使、do fencing、 do judo と言います。

 

さて、新しいスポーツと言えば、先日 NHK-BSのスポーツドキュメンタリー番組で取り上げられていた ブレイキン (breakin’)という新しいスポーツには驚かされました。

 

ブレイクダンスから始まったその競技は、パリ五輪の正式競技になるそうです。その、DJミュージックにアドリブで合わせるリズム感、複雑で驚異的な全身を使った躍動感、ダンスでありながら2人で交互に競い合うスポーツとしての激しさなど、その魅力に多くの人たちが惹かれつつあることに納得しました。

 

しかも世界に急速に広がるこのスポーツのトップレベルに日本人が君臨していて、彼のライフスタイルも魅力的です。

 

ストイックに毎日、長時間の厳しいトレーニングを続けながらも、いつもニコニコ微笑みを絶やさず、またカジュアルな装いで暮らしながらも、会見などではスーツとネクタイ姿で、偏見の残るそのスポーツへの真の理解を得ようと努力するなど感心しました。

 

最近ではコンピュータゲーム、ビデオゲームを使ったeスポーツも世界的な競技として見られるなど、新しいスポーツが続々登場しています。

 

伝統的スポーツの魅力も変わりませんが、新しいスポーツにも目が離せませんね。

 

アカウントという言葉の大切さ

このところ、物品の購入も、アプリの利用も、銀行の取引も、テレワークも、何でもオンラインで進めようという流れが急速に進展しています。

 

それらのサービスは便利なのですが、それぞれログインするには、「アカウント」を設け、パスワードを設定することになり、これらが増えてくると混乱しませんか?アカウントの管理もけっこう厄介ですね。

 

さてこの「アカウント(account)」が今日のテーマです。オンラインのログインの場面では、それらのサービスを使用する「権利」といった意味で使われますが、基本的にはどのような意味なのでしょうか。

 

響きからわかるように「数える」の count に(ac:~へ)という接頭辞がついたもので「数え入れる」が原義です。しかし、使われる意味に幅があるので、注意が必要です。ビジネスでも幾つかの重要な意味で使われますし、TOEICの試験でも、間違いが起こりやすい言葉です。

 

account はお金を「数え入れる」ことから、銀行などの「口座」を表わすことは広く知られていますね。「口座」という意味は大事なのですが、「預金口座」だけではないのです。

 

accounting は「商売の数字を数える事」から「会計」の意味になります。accountant は会計士、あるいは会計担当者を示します。公認会計士は certified public accountant で同義の米国の資格、CPAが有名ですね。税理士は tax accountant です。

 

TOEICの問題に出てくる手紙やEメールで、肩書に Account Manager がよく見られます。生徒さんは accounting と混同して会計担当のマネージャー(課長など)ととる人が多いのですが、実際は違っていて、「顧客担当マネージャー」を意味します。

 

なぜでしょうか。それは会社は顧客と取引をする時、取引口座を設けるので、取引口座 account が イコール顧客となったわけです。広告代理店の方の名詞には Account Executive という肩書が見受けられますが、この Account もクライアント(顧客)のことですね。

 

account には「数えられる割合」を示す意味もあり、This product accounts for 50% of the company's sales. 「この製品は会社の売り上げの50%を占める。」というように使われます。

 

この意味から、account は「説明(する)」「釈明(する)」「責任(をとる)」という意味に発展します。最近、日本語でも「説明責任を果たすことが重要だ」という表現がよく使われますが、この「説明責任」は英語では、accountability です

 

それで、熟語 on account of --- は「~が理由で、~のせいで」となるわけです。

 

「数える」ということは、お金であれ、顧客であれ、責任であれ、重要なものを「把握する・押さえる」ということの基本なのですね。

バレンタインと赤いバラ

高校生クラスのレッスンで、興味深い記事を取り上げました。

 

フランスの花屋さんたち(French florists)は、お客さんたち(customers)がバレンタインに(for Valentine’s Day)赤いバラをプレゼントするのを、やめてもらおうと(get them to stop giving red roses)努力しているんですって(are trying to)。

 

しかも、その理由は(for the sake of the planet)「惑星の(利益の)ために」となっています。

 

for the sake of 「~の(利益の)ために」は、よく使われる熟語です。sakeはここでは「酒(サーキ)」ではありませんよ。セイク(利益・目的・繁栄)です。

 

惑星とは「地球」のことですね。我々に身近な惑星(the planet あるいは our planet)と書いてあれば、地球のことを指します。

 

フランスでは、バレンタインデーに赤いバラの花を贈るのが、根強い伝統(strong tradition)なんだそうです。

 

では、なぜ花屋さんたちは、地球のためを思って、赤いバラを贈る伝統に、ストップをかけようとしているのでしょうか? それは、フランスは、この赤いバラを空輸で(by air)輸入(import)しているからなのです。

 

それは、飛行機が多く飛べば、二酸化炭素の排出により、少しずつでも地球温暖化(global warming)に貢献してしまう(contribute to)からなのです。

 

なので、花屋さんたちは地元で育てられる(locally-grown)花々。例えば赤いチューリップ(red tulips)を代わりに(instead)買うことを勧めて(encourage them to buy)いるのだそうです。

 

レッスンでは、記事に出てきた使役的表現、get ---- to do、encourage ---- to do などのグループと、to を使わない(原形不定詞)のmake(have, let) --- to do、help ---- (to) do、それに変わり種の表現 help do (この記事では help heat the planet)などの使い方を学びました。

 

赤いバラへの需要(demand for red roses)は相当なものなのでしょうね。輸入せざるを得ないということは。

 

フランスでは、情熱の赤いバラを男性から女性にプレゼントして、いつも変わらぬ愛情を伝える日なんだそうです。お国が変われば風習も違いますね。

校長ブログ by SatoG

速読講座