生徒さんログイン

banner square

city life

英単語記憶学習ソフト Engfish-World など オリジナル教材の販売ショップ

当校開発のユニークな教材を販売するショップがオープンしました。

英単語記憶学習ソフト Engfish-World のダウンロード販売も行なっています。

校長が本を出版しました。

Posts tagged "ブログ開始"

目の手術と目に関する英語表現

ちょっとブログ投稿が中断していましたが、これは私が目の手術を受けていたからです。

 

というわけで、今回は目 eye に関するお話です。

 

3年ほど前に健康診断を受けた時、「左目に黄斑前膜(おうはんぜんまく)の兆候あり」という健診結果が届きました。「黄斑前幕?」聞いたことのない目の病気ということで調べてみました。

 

黄斑前膜(おうはんぜんまく)は、光を感じるフィルムの役割をしている網膜 retinaの中でも最も重要な黄斑 macula という場所に線維性の膜が張る病気です。

 

その後、確かに左目だけで見ると、この膜のせいか、いろいろなものが歪んで見えるようになってきていました。この膜を無くすには手術で膜を切除するしかなく、また結構難度の高い手術だというので、実績のある専門医を探し、今回手術を受けたのです。

 

Education vector created by macrovector - www.freepik.com

 

この手術を受けるにあたり、同時に自覚はないものの、ある程度進んでいた白内障 cataract の手術も両目共受けることにしました。

 

この白内障の手術は驚くほど進化していて、今では水晶体 lens の除去と同時に多焦点のレンズ multifocal lens を挿入することができるのです。

 

なので今回、視力の矯正 visual correction も同時に行ないました。ということで、この目の病気がきっかけで、思いもよらなかったメガネの要らない生活が実現したのです。

 

さて、英語では「目」に関する様々な表現があります。

keep an eye on 「~から目を離さない」はよく使う表現ですね。 We should keep an eye on the development. 「私たちはその開発をしっかり見守るべきだ。」Parents must keep an eye on their children. 「親は、子どもから目を離してはならない。」といったように使います。

 

be all eyes は be all ears「全身が耳になっている --> 一身に耳を傾ける」と同じように、「全身が目になっている --→ 目を皿のようにして注視する」 という意味になります。

 

また 「all eyes」はAll eyes are now on this country. 「すべての目がこの国に注がれている --> この国に注目が集まっている」というようにも使われます。

 

 

eye to eye は face to face 同じように「向かい合って、正面から」という意味がありますが、see eye to eye は意見が合うことを指します。

 

see eye to eye with で「~と仲良くやる、~と話が合う、~と意見が一致する」というように使われます。We cannot see eye to eye. なら「私たちは理解しあえない。」となります。

 

日本語でも、愛するもの、大好きな人に対して「目に入れても痛くないほど可愛い」などと言いますが、英語でも似たような表現があり "the apple of my eye" で表わします。My granddaughter is the apple of my eye.「孫娘は私の目に入れても痛くないほど可愛い」といったぐあいです。

 

「人々の目をつかまえる --> 目を引く、目立つ」という意味の eye-catching は便利な形容詞です。

 

eye-catching accessory アクセサリー、 eye-catching building ビル、 eye-catching advertisement 広告物、eye-catching clothes 服装、 eye-catching design デザイン、 eye-catching logo ロゴ、というように使います。

 

いかがでしたか。これからも eye-catching で instructive (ためになる)ブログを意識して投稿していきたいと思います。よろしくお願いします。

 

遊園地と英語

今年のゴールデンウィークはコロナ禍で、レジャー施設が休業するなど、stay-home が求められ、自由に楽しめない状況ですが、本来ゴールデンウィークはレジャー施設 (leisure facilities) にとっては一番の書き入れ時 (busiest season)です。

 

余談ですが、日本語で繁忙期を「書き入れ時」というのは、お店などで商品が売れると「何がいくら売れた」と帳簿に記入するので、帳簿への「書き入れ」が忙しくなることから生まれた表現です。

 

私の多彩な職業経験には、遊園地での営業・イベント企画・運営なども含まれています。というわけで、今回は遊園地 (amusement park) のお話。

 

 

遊園地の歴史は古く、観覧車、回転木馬、そしてジェットコースターは遊園地の三種の神器とも言え、今でも遊園地の象徴的な遊具です。

 

ただ、近年はエンターテインメントの世界に、技術やサービス、メディアとの融合などの変化が進み、ディズニーランド、USJなど大型のテーマパーク(英語では theme park [シームパーク]) の集客力が群を抜き、従来型の遊園地は経営が難しくなって、次々と消えてしまっています。

 

2020年8月に営業を終えた遊園地、東京豊島区の「としまえん」には、特別な歴史を持つ回転木馬「エルドラド」がありました。

 

この回転木馬エルドラドは、1907年ドイツのライプツィヒで作られ、ヨーロッパ各地を移動遊園地のアトラクションとして巡業していたもので、その後、1911年にニューヨークの遊園地コニーアイランド (Coney Island) に譲渡され、そこではフランクリン・ルーズベルト大統領やマリリンモンローも楽しんだと言います。

 

1964年にコニ―アイランドでの役目を終え仕舞われていたこの回転木馬ですが、としまえん(当時は豊島園)がこれに目をつけ。1969年に日本へ渡り、修復に2年を要して1971年から豊島園で稼動していました。

 

日本で現存する最古の遊技機、世界でも最古参の回転木馬で貴重な文化財ともいえるものでした。再度、日本のどこかで活躍してもらいたいものです。

 

さて、19世紀後半に生まれたと言われる回転木馬は、メリーゴーラウンド merry-go-round (merryは楽しい、go-round は周回の意味)、あるいはカルーセル carousel と呼ばれ(car [台車] の上を動くもの、という意味)、英国では roundabout(round about:ぐるりと回って、という意味)とも言われます。

 

装飾は様々、照明も美しいものが多く、子供達だけでなく大人達も楽しませる回転木馬は昔から変わらぬ遊園地の象徴ですね。

 

さて、観覧車は英語でフェリス・ホイール(Ferris wheel) と言います。これは世界で初めてモーター駆動の観覧車をアメリカの技師Ferrisが作ったことに由来します。

 

現在、世界最大の観覧車は直径170メートル程度に到達していますが、フェリスが1893年に作ったFerris Wheel もすでに直径80メートルもあったというから驚きです。

 

 

観覧車は遊園地だけでなく、商業施設などにも設置され、乗って楽しい、見て楽しいランドマーク landmark (目印)になっていますが、最近ではコンピュータ制御の複雑で動きのある照明が観覧車を巨大なスクリーンのとして活かすようになっていますね。

 

ジェットコースターは和製英語で、英語では roller coaster と言います。roller は「車輪」、coaster は「惰性で進む物」指します。これについては解説することもないでしょう。次々と恐怖感を増すコースターが開発されていますね。

 

 

乗り物系の遊技機はライド (ride) と言います。私は遊園地におけるイベントの企画・運営や、新しいテーマパークの企画・開発などと共に、新ライドの導入や運営、改造などにも従事したことがあります。

 

ところが、私は、実は高いところが苦手で、(高所恐怖症は英語で acrophobia と言います。) 仕事を進めるのに、コースターの試験や、導入のための体験などコースターを避けて通れず、青ざめて仕事にあたることが、多々ありました。大きな直径の観覧車も苦手で、汗をかきながら乗っていました。

 

大型テーマパークは若者を引き付けるエンターテイメント空間として定着していますが、小さな子供連れの家族にとっては遊園地は大切な場所ではないかと思います。

 

ビジネスとしては安定して経営を続けるため、様々な工夫や、開発が求められますが、素朴ながら安心してゆったり味わえる遊園地は、これからも身近にあってほしいものですね。

電車と英語

私にはいろいろな職業経験がありますが、電車の運転士 (train driver) を務めたことがあります。

 

自分でも、今の仕事とは随分かけ離れているな、と思いますけどね・・・

 

私は、大学を卒業して鉄道会社 (railway company) に入りました。当時は車掌 (conductor)、運転士という現場の仕事をまず研修として (as part of training) 体験するのです。

 

短い期間でしたが、勿論ちゃんと国家試験 (national exam) を受け、免許を取得しました。

 

 

電車の運転で何が難しいかと言うと、それはブレーキをかけること (制動: braking) なのです。

 

車輪 (wheels) に対して、何度かに分けて圧力をかける (apply pressure) のですが、自動車と違い、立っている乗客が多くいますし、乗客は身構えることもないので、完全に止まるまで、スムーズに制御することが求められ、それが難しく、運転士にとって腕の見せどころなのです。

 

まあ、電車の性能は、その頃よりかなり向上しているでしょうが、基本的に、その難しさは変わらないはずです。

 

さて、コロナ禍で、テレワーク (Telework) が普及し、電車の利用客は減ってきていますが、やはり電車は誰にとっても便利な公共輸送機関 (public transportation) には違いありませんね。満員電車 (crowded train / packed train) はいただけませんが。

 

電車に乗る、降りるは get on / get off ですが、これは、「実際の車両」に乗る/から降りる、の意味で、他動詞と自動詞の両方があります。

 

つまり「電車に乗る、降りる」は get on the train 、get off the train ですが、(the train という目的語をとるので他動詞)「梅田駅で降りる」は get off at Umeda Station と言えます (目的語を置かないので自動詞) 。

 

学校まで電車で行く、など、公共輸送機関を利用する場合は、takeを使います。take a train to school (take a bus / take a taxi) 、但し地下鉄は、車両でなくシステムを指すので、take the subway となります。

 

「通勤する」は commute で、通勤電車のことを commuter と言います。急行電車を express train と言うなら特急はlimited express 、快速は rapid train 、普通電車は local train、回送は out-of-service train といったところが一般的です。

 

電車を乗り換える、は change trains、電車を間違える、は get on a wrong train 、電車が遅れる、は be delayed あるいは、arrive lateと言います。

 

ついでに、改札口は ticket gate / ticket wicket 、駅のホームは station platform 、駅長は station master、列を作って待つ、は wait in a queue (あるいは wait in line / in a line) と言います。

 

 

各私鉄や新幹線のサービスは、その時間に正確 (punctual) で高頻度の (highly frequent) サービスが、マナーの良い乗客 (well-mannered passengers) と共に、世界的に評価されています。

 

日本の鉄道車両や鉄道システムは世界各国に輸出されています。つい最近にも、日本製の車両がバングラデシュ初の都市高速鉄道用に輸出されました。この誇れる日本の電車技術と鉄道文化を、これからも守っていきたいですね。

校長ブログ by SatoG

速読講座