生徒さんログイン

banner square

city life

英単語記憶学習ソフト Engfish-World など オリジナル教材の販売ショップ

当校開発のユニークな教材を販売するショップがオープンしました。

英単語記憶学習ソフト Engfish-World のダウンロード販売も行なっています。

Posts from category "校長ブログ"

もう迷わない! interested と interesting

 

何かに興味がある時には、I’m interested in the music. 「その音楽に興味があります。」のように 言います。興味がわく、面白いものに対しては、 It’s interesting! 「それは面白いですね!」などといいます。

 

でもなぜ興味がある場合に、受け身のような be interested を使うのか、面白いものにはなぜ interesting のような ing形を使うのでしょうか。これらは動詞なのか形容詞なのか?理解しにくいですよね。

 

ほめられる、とか、怒られる、など「~される」という受け身の表現(受動態と言います)は日本語にも英語にもありますが、受け身の逆の能動態と共に、日本語と英語には動作によって受動態か能動態かにとらえ方のずれ(差)があり、英語学習において混乱したり、間違ったりする原因になっているので注意が必要です。

 

英語の方が、受け身に敏感で、例えば「ケガをする」は be injured あるいは get injured と受け身を表わす過去分詞(動詞の活用形の3番目)で表わします。ケガは受け身的な事象ですからね。My brother got injured in a baseball game. 「弟は野球の試合でけがをしました。」

 

「疲れている」を示す tired も、よく見ると受身形ですね。受け身を表わす過去分詞が形容詞化した例ですが、確かに自分から進んで疲れるわけではないですよね。I was tired from working long hours.「長時間働いて疲れました。」

 

be tired of というパターンにすると「ウンザリする」という意味になります。He was tired of rural life. 「彼は田舎の生活にうんざりした。」また後で、お話しますが、受け身の過去分詞には、対応して、逆に相手に影響を与える、能動の形容詞(一種の現在分詞)が存在する場合が多いのです。

例えば tired の逆、tiring は「疲れさせる」で、I experienced a tiring week. 「私は疲れる一週間を過ごした。」というように使います。

 

英語で結婚しているは be married と受け身になります。不思議ですね。なぜ受身形なのでしょう。「結婚する」もget married が一般的に使われます。「~と結婚する」は get married to ---。My brother got married to a fashion model. 「兄はファッションモデルと結婚しました。」

 

この理由は、昔は親が娘・息子を誰々と結婚させる、という感覚だったので、これが残っているという点が大きいのです。他動詞の marry、 自動詞の marry もあるのですが、使われる頻度は下がります。marry him/her 「彼/彼女と結婚する」。

 

これは結婚という行為が一方的なものでなく、お互いが受け入れるものだという考えが自然なので、昔からあるmarried が根強く使われるのではないかと推察します。

 

「興味がある」も英語では(影響を受けている)と考えるので be interested なのです。

 

何(の中に)に興味を持つかは前置詞 in で示すので、 be interested in と一組の熟語として覚えると便利です。元々受け身を示す過去分詞ですが、何かに影響を受けた気持ちを示す一種の形容詞と考えることもでき、そうするとグループが形成されます。

be interested in ~に興味がある

be excited about ~にワクワクする

be bored with ~に退屈する

be surprised at ~に驚く

interested と共に仲間の interesting も形容詞として使われるので、混乱したり、間違っうことが多いですね。---ing形の方は、何か(通常は人)に影響を与える側の形容詞になります。~させるモノという覚え方をしましょう。

 

interesting 興味をもたらす --> 面白い

exiting ワクワクさせる

boring 退屈させる --> つまらない

surprising 驚かせる

 

図にまとめると次のようになります。

 

いかがですか。受動態から生まれる気持ちの表現と、逆に相手に影響を与える能動の形容詞(現在分詞)を身につけると、英語の理解力が格段に向上しますよ。

基本動詞 get 攻略のカギは「動き」を起こす「力強さ」

 

高校時代、英語を勉強する際に熟語や慣用表現の重要さを感じましたが、なかなか覚えにくく、またなかなか馴染めなくて困ったのを思い出します。

 

特にget、 make、 take、 put など短い基本単語は、多くの熟語を作り出し、しかもそれぞれの熟語で動詞の意味が共通していないように感じ、覚えられないのです。get it, get on, get out, get off, get out など、いくらでもできそうで、しかもそれぞれに複数の意味がついていたり。

 

ああ、もう覚えられない・・・ むりやり覚えるため、ベッドの上の天井に貼り、寝る前、起きた時に何度も目にせざるをえないようにしたり、涙ぐましい努力をしたものです。

 

英語に多く触れるようになって、これら基本動詞そしてそれらにくっつく副詞(小片)や前置詞の語感がしっかりわかるようになってきました。

 

こうなると基本動詞の熟語など基本動詞を使った表現が理解でき、またネイティブの子供たちは難しい単語でなくこれら基本動詞の組み合わせから、表現を増やしていくことも納得できるようになりました。

 

さて、ここでは基本動詞の中でも難関の get について、つかむべきその語感を伝授しましょう。なぜか参考書などにはこのような解説は見当たりませんよ。

 

get の難しい点は、まず目的語をとる他動詞と自動詞と両方あり、意味が異なるように感じる点です。まず、何かをゲットした、と日本語にもなっている「得る」という意味ですね。第3文型で、I got the ticket at a discount. 「そのチケットを割引で手に入れたよ。」I got it. は「わかった。」

 

第4文型の動詞としては、誰かに何かを持ってくる場合にも使います。I’ll get you some nice coffee. 「おいしいコーヒーをあなたに持ってきてあげましょう。」

 

第2文型の自動詞としてもよく使います。He gets hungry around five o’clock every evening. 「毎夕5時ごろに彼はお腹がすいてきます。」It is getting warmer and warmer. 「どんどん温かくなってきました。」

 

この2文型でbe 動詞と比べることからget の理解ができるようになります。He is injured. は「彼はケガしている。」He got injured. は「彼はケガをした。」というわけで、この「動き」をとらえてほしいのです。

 

get は起動動詞と呼ぶことがあります。「止まっているものに動きを与える」これが get の本質の一つです。be動詞を get に変えてみましょう。

 

例えばbe used to --- は「何かに慣れていると」いう意味です。He is used to eating spicy Korean dishes.「彼は辛い韓国料理を食べることに慣れている。」

 

これを get にすると、He got used to eating spicy Korean dishes. 「彼は辛い韓国料理を食べることに慣れた。」となります。動きを示していますね。be interested in , get interested in  / be excited about ,   get excited about なども同様です。

 

get は動きと共にある程度の「強さ・力」 を感じる言葉であり、これも本質で「動き」をもたらすものとも言えます。例えば、相手に Go out! というと、「外に出なさい。」という響きですが、Get out! というと、「出ていけ。」となり、強さが感じられますね。

 

第3文型の他動詞でもget は「しっかり得る」という力強さがあり、第4文型で誰かに何かを持ってきてあげる場合も、力強い行動を感じます。

 

再び、チェックしてみましょう。I got the ticket at last. 「ついに、そのチケットを手に入れたよ。」Get me some water! 「水を持ってきて!」   

 

「車に乗り込む」は get into the car 、その逆に「車から出る」はI get out of the car 。車の出入りはドアの開け閉め、体の出し入れが必要である程度の「力」が必要です。同様にバスや電車の乗り降りも、get on / get off を使います。on は乗っている状態、 off は「さっと離れる」意味を示します。

 

「調子はどうだい」「どのようにお暮しですか?」という挨拶のような表現は How are you getting along? と言います。along は「~に沿って」という前置詞もあり、道や川に沿っていくことを示します。

 

get along は「暮らしや人生」という道に沿って「進もう」とすることを示しています。だから How are you getting along? と聞くのですね。「誰々とうまくやっていく」も同様で、 get along with --- という表現を使います。I found it difficult to get along with him. 「彼とうまく付き合っていくのは難しいと感じた。」

 

さらに、何か困難を乗り越える場合、get over という表現になります。over は何かを超える様を表わします。つまり力を込めて、困難などを克服する表現です。The company got over a crisis. 「その会社は困難を乗り越えた。」まさに get の力強さが感じられますね。

 

いかがですか? 「get がわかれば英語がわかる」は大袈裟ですが、このように基本単語の本質的意味を実感できるようになると、英語の表現力、また英語を読む・聴く力も大きく伸びますよ。

look 「~に見える」は感覚の動詞グループ

 

英語に強くなる秘訣の一つとして、私は「文型に強くなること」を挙げます。

 

なぜなら、どんな英文でも、たった5つの型に分類できるので、読む・聴くだけでなく話す・書くの実践において、5つの文型を操れるなら、自信をもって英語に臨むことができるからです。

 

その中でも2つ目の第2文型は、構成する動詞の種類・数が限られているので、攻略は簡単です。

 

look を「~に見える」「~のように見える」の意味で使うのは、第2文型の典型例です。第2文型は S (主語)+V (述語動詞)+C (補語) の形をとり、簡単に言えば S を C で説明する文です。

 

第2文型を作る動詞は大きく3つのグループに分けられます。①BE動詞 ②「~になる(変化)/ 変化しない」を示す動詞 ③感覚で判断する動詞。

 

②の変化を示す動詞は get, become, grow など、③の感覚で判断する動詞が look、sound、taste、 feel などで、第2文型の動詞は数が限られているのです。

 

BE動詞は、第2文型ではイコールの意味を示すので、He is a teacher. He is sick. などは確定的な表現です。これに対して、He looks like a teacher.「彼は先生のように見える。」He looks sick. 「彼は病気のように見える。」は見かけから判断していますね。これが感覚による判断の動詞です。

 

このグループの動詞は基本的に補語に形容詞だけをとり、名詞の場合はその前に前置詞 like をつけて like a teacher (先生のような) 形容詞句を作って補語にします。

 

 

外観の判断は appear も使われます。He appeared a bit irritated. 「彼は少しイライラしているようでした。」

 

声あるいは音で判断するのが sound です。The plan sounds interesting.「その計画は面白そうですね。」That sounds like a good idea. 「それは良いアイデアのように聞こえます。」

 

主語 It あるいは That を省略した、 Sounds good! 「いいねえ!」は会話でよく使われますね。

 

味で判断するのが taste です。 This drink tastes sour. 「この飲み物、酸っぱいね。」The food tasted better than it looked. 「その食べ物は見かけよりはおいしかった。」

 

においの判断は smell です。It smells good. 「いい匂いですね。」Something smells good. 「何かいいにおいがする。」

 

feel は「感じる」です。I am tired. は「私は疲れている。」とはっきりしている場合を示します。I feel tired. は「私は疲れているように感じる。」

 

feel thick は「気分が悪い。胃がムカムカする。」という決まり文句。そんな気分になりたくないけど、知ってないといけない表現ですね。

 

feel はまた、感触で判断する動詞でもあります。Her skin feels smooth. This cream feels smooth. はどちらも「すべすべする」という感触を示します。feel は第3文型もあり、I felt a sudden pain in my lower back. 「私は腰に急な痛みを感じた。」というように使います。

 

 

最後に seem 。これは状況から総合的に判断する場合で、She seems a bit nervous. 「彼女は少し緊張しているようだ。」というように使います。

 

seemは構文が多彩で、that節やto 不定詞を後ろにとります。It seems that a big earthquake hit the island. 「大きな地震がその島を襲ったようだ。」

 

Everything seems to be going well. 「すべてがうまくいってるようだ。」I seem to have lost my smartphone. 「スマホを失くしたみたいだ。」というように使います。

 

これで第2文型の感覚動詞は征服です。君の英語力はまた格段に向上しましたよ。

速読講座