生徒さんログイン

英語の長期学習は脳を変える?!

2009年11月6日付朝日新聞に面白い記事が載りました。 英語力を定着させるには、6年以上続けて英語に接する方が重要なことがわかった、というのです。

これは東京大、宮城学院女子大などのグループが、英語を学ぶ際に重要な働きをする脳の部位を研究し、明らかになったもので、熟練により英語力が定着すると、省エネ型の脳になるということです。 実感していたことが明らかになってきた感があります。

英語の長期学習は英語力の定着だけでなく、思考力の強化にも役立つといえるでしょう。

詳しい内容はこちら。

校長が本を出版しました。

速読講座
速読講座