生徒さんログイン

普段の勉強に役立つ(処理能力、理解力、集中力UP)

 

 

読書スピードと学力の相関関係を調べたところ、読書スピードが速い生徒ほと学力が高い傾向がみられました。

読む速度が速ければ、それだけ多くの文意や本が読むことができます。 そのため、同じ時間でも蓄積できる知識量が多くなります。

例えば、読書スピードが3倍になると、学習量も3倍にすることができます。 また、これまでより速く処理Iできるようになると、同じ時間でも繰り返し学習ができるため、記憶を定着させ、理解力を上げることができます。

読書スピードが3倍になると、これまで1回しかできなかったものが3回学習できるようになり、その分よく理解できるようになるのです。

 

sokudoku-to-gakushu

 

校長が本を出版しました。

速読講座
速読講座